教育目標

 

1.人間の尊厳と権利、多様な価値観を尊重し、相手にとってよりよいケアを追求して誠実に行動できる基礎的能力を養う。

2.助産の対象である女性と子ども、家族への理解を深め、人間関係を築き助産ケアを提供できる能力を養う。

3.新たな家族の形成や、女性の生涯における健康を(継続的に)支援するため、科学的根拠に基づく助産の判断力と実践力を養う。

4.次世代を育む母子や家族の健康支援に向けて、保健・医療・福祉チームの一員として、多職種との連携・協働ができる基礎的能力を養う。

5.助産師としての誇りと責任を自覚し、自律したケアを実践するため自己研鑽し続ける姿勢を養う。

6.女性に寄り添い、安全なケアの提供が行えるための診断に基づいた実践力を養う。

7.自然を重んじ、周産期における自律したケアを実践するために、正常経過の診断及びその逸脱の判断ができる能力を養う。

8.女性の性と生殖をめぐる生涯の健康上の課題に対し、主体性を尊重した自己決定を促す支援を継続的に行える能力を養う。

9.次世代健全育成のため安心して子どもを産み育てる環境を整え、保健医療福祉チームの一員として他職種と連携・協働が行える能力を養う。

10.女性と子ども、家族を尊重する倫理観を養い、専門職としての責務を果たし、自律する能力を養う。