愛仁会看護助産専門学校

コロナウイルス関連のお知らせページについて

この度、コロナウイルス関連のお知らせを閲覧できるページを作成いたしました。
今後、本校のコロナ対策、及び学校生活の様子などをこちらで更新していく予定ですので、
是非ご覧ください。
下記のページより閲覧することができます。
コロナ関連のお知らせページはこちらをクリック

~学校紹介動画を作成しました~
愛仁会看護助産専門学校の様子がわかる動画を作成いたしました。
是非ご覧ください。

(2020年6月)

情報ピックアップ

情報ピックアップ

3年生が看護の統合実習を行いました

12月7日から23日まで、3年生の最後の実習である「看護の統合実習」を行いました。
コロナウィルス感染症の影響で、実習の期間や内容を変更しての実習となり、。学内実習日の4日間では、夜勤帯を想定した体験を実習室で行いました。

内容①4人部屋に訪室し、観察をする教員が夜勤の看護師となり、実習室を暗くし学生とともに、訪室しています。
学生からは「天井に懐中電灯を照らしているのはなぜ?」「懐中電灯の光が思ったより眩しい」といった気づきがありました。                  

内容②病室のベッドに臥床し、夜間の患者さんの体験をする
教員が夜勤の看護師となり、巡回や廊下で音を立てて歩く、ひそひそ声で話すなど夜勤帯にある状況を演じました。
患者役としてベッドに寝ていた学生からは、「ちょっと空いているカーテンの隙間が気になる」「いつ人がくるのかが、不安がある」「こそこそしゃべっているのも全部聞こえている」「ベッドやオーバーベッドテーブルにぶつかった振動が気になった」といった内容が体験後のグループワークで発表があるなど、昨年までの実習ではない気づきも得られました。

老年看護学実習Ⅰ(2年生)が終わりました

11月18日から始まった実習は、病院で2日、その後学校内で実習を行い、12月7日に無事にすべての内容を終えることができました。
どのようなことをしていたのか、様子をお伝えします。受け持ち患者さんの事例やペーパーペイシェントを用いた事例をアセスメントし、看護計画を立て、実施まで行いました。実施の際、患者役は、そのグループを担当している教員が行っています。学生は普段の病院での実習より、緊張している様子で、真剣そのものでした。
学生たちからは、「病院で実習をしたかった」「最後まで患者さんを担当したかった」という声が聞かれました。改めて、臨地で学ぶことが重要であることを実感した実習でした。

新型コロナウイルス感染症に関わるお知らせとご協力のお願い

「新型コロナウイルス感染症に関わるお知らせとご協力のお願い」につきましてお知らせいたします。
詳細は下記をご確認ください。

詳細につきましてはこちらをクリックしてください(PDFが開きます)

校舎紹介

6階建ての校舎外観です。6階建ての校舎外観です。

1階エントランスホールのモニュメント1階エントランスホールのモニュメントは、本校の歴史を表すとともに、ナイチンゲールの著作の一節を刻んでいます。
なお、校舎内の様子は学校概要のページでも紹介いたします。

PAGE
TOP