教育目標

「看護のこころ」を育みます

1.生命の尊厳と人権を守り、人々の多様な価値観を尊重し、倫理的判断に基づいた ヒューマンケアを実践するための豊かな人間性を養う。

2.人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として捉え、環境との相互関係の中で、 変化しながら生活する存在として理解できる能力を養う。

3.人々の健康上の課題に応じて、科学的根拠員基づいた看護を添加できる基礎的能力を養う

4.保健・医療・福祉チームの一員として連携・協働し看護を実践できるとともに、 国際化の動向をふまえて看護を創造するための基礎的能力を養う。

5.社会の変化の方向性を理解し、看護専門職として自己啓発に励み、生涯にわたり 看護を探求し続けるし姿勢を持つための基礎的能力を養う。